四季を感じることば
 
四季の彩りを感じることば
 
四季のかさね
 
代表的な日本の色
 
トップページ

メールはこちら
タイムカプセルKYOTO
彩の歳時記 -彩の原風景-

秋のかさね(襲)
襲(重)の色目についてはいろいろな説があります。「表」は表の布 「裏」というのは裏の布。表・裏をかさねて生まれる色合いが襲の色目と考えるのが一般的です。 (参考文献…色の彩時記 朝日新聞社編)

萩がさね(はぎがさね)

薄紫の萩の花の色から取ったもの

表・・・紫色
裏・・・薄紫色

7〜9月頃

紫色
(むらさきいろ)

紫は古代日本の色の王者。臣下の位の色では最高位とされました。
「濃色(こきいろ)」「薄色(うすいろ)」といえば紫の濃淡のことで、色名をいう必要さえなかったほどです。紫根(しこん)といわれる紫草の根で染められた色。
この染色にはたいへん手間がかかるので、濃く染めるほど権威も増すことになりました。

洋名 パープル、アメジスト
ヴァイオレット
萩がさね
薄紫
ニ藍色
黄色
濃い赤
縹色
薄紫
落栗
蘇芳色
香色
秋のかさね一覧
 
Copyright (C) 2001 Time Capsule Kyoto. All Rights Reserved.