最新更新情報
NEW!!
--初春の散歩コースのページ
北野天満宮
随心院 小野梅園 

哲学の道〜蹴上インクライン
上賀茂神社〜半木の道
植物園〜疎水分流
以下今後掲載予定のコンテンツです。

まだ肌寒さが残る頃、可憐に咲いて早春の訪れと匂ひをただよ漂わせてくれる梅の花。古都の梅の散歩道といきたいのですが、さくらや紅葉のようにはいきません。神社や梅園で見られるものの、コースとして連続的に楽しめるようなところが見つかりません。しかし、なにしろ大好きな花であり、すがすがしい早春の息吹と香りを感じさせてくれる花なので、京都の代表的な名所を紹介しましよう。

早咲きの梅は12月中旬頃からつぼみがふくらみ始め、1月初旬には冬至梅、照水梅、寒紅梅等が寒さの中、春を告げるかのように咲き始めます。梅園が公開される2月初旬には紅梅、一重、八重等の順に咲き始め、2月中旬〜3月初旬までが最も美しい時期となります。


北野天満宮の紅梅


北野天満宮の白梅


開花時期
2月上旬〜3月中旬
拝観時間
5:30〜17:30
宝物館は10:00〜16:00
梅の数
50種 約2000本
梅園公開
2月初旬〜3月中旬
入園料
大人500円
小学生250円
公開時間
10:00〜16:00
拝観料
無料
宝物館は毎月25日開館 300円
見頃
2月中旬〜3月初旬

北野天満宮(きたのてんまんぐう)

東風吹かば
匂いおこせよ梅の花
主なしとて春を忘るな

の歌を残して京都を去った菅原道真公を祭神として祀<まつ>っています。このときうたわれた梅は筑紫国<つくしのくに>に飛んで行き、花を咲かせ、飛び梅伝説となりました。

全国一万二千社ある天満宮の総本社。毎年道真公の祥月命日の2月25日は梅を愛でたという道真公の故事にちなみ、梅花の御供を神前に奉納する「梅花祭」が行われています。この祭りは880年以上も前から続けられている伝統ある祭りです。

また、学問の神様としても知られ、修学旅行生や受験生の姿が絶えることがありません。

早春・梅匂ふ

北野天満宮
<kitano-tenmangu>


Copyright (C) 2001 Time Capsule Kyoto. All Rights Reserved.