logo 世界に翔く和のモード もーど・じゃぽねすく http://www.mode-japonesque.com
もーど・じゃぽねすくホームへ
辻が花染について きもの・帯・ベスト・ジャケット・小物・chisato-mode
contents  
トップページ
四季の彩りを衣裳の色に
かさねの色目と日本の色
古代染色のシンプルな美を追求
古代辻が花染と柿渋染
英雄を彩った華麗な絞り染
辻が花染について
和を今の暮らしに生かす
chisato haru
優美な糸目友禅と胡粉ぼかし
冷泉(れいぜい)工房
京都の工芸作家プロジェクト
京の秀彩苑(京都22工房)
古いきものがシルクニットに
きものリフォーム
魅力的な作品創りに挑戦している
作家さん紹介
e-mail
辻が花染とは
辻が花染の特徴
辻が花染の歴史
辻が花染と時代背景

辻が花染の歴史2

辻が花染の歴史1


桃山時代には絞りと描絵による「辻が花」が流行する一方、白地を生かす新たなデザインも生まれました。

特に、進取の気性をもつ武将たちが着る胴服には、ファッションの先端をゆく斬新で人目に立つデザインが好まれました。


慶長期(1596〜1614)に入り、更に技法も進展し、細部にいたるまで巧みな縫い絞りで染め上げられ、おおらかで堂々とした文様が背中いっぱいに躍動している胴服がみられます。


京都の呉服商の染物台帳には徳川家康、徳川秀忠、秀忠婦人、豊臣秀吉正室北政所などの名が見られ、当時の上層の人々にも定着していたことがうかがえます。



しかしながら慶長期も後半になると徐々に文様のおおらかさが消え、鹿子絞りを多用したり、染め分けた部分の中に、刺繍や描絵の文様がこじんまりとまとまろうとする傾向が現れます。

これこそ次世代の慶長小袖、寛文小袖への橋渡しとなるもので、戦国武将の愛した「辻が花」はここに終わりを迎えることとなります。

糊防染による部分的彩色法の発達により、江戸期寛文あたりを境に、その染色は突然消え、幻の染と呼ばれるようになりました。
裂取りの草花(16世紀)
裂取りの草花(16世紀)

松皮取に草花(16世紀)
松皮取に草花(16世紀)

松皮取に竹(16世紀)
松皮取に竹(16世紀)

Copyright (C) 2002-2003 MODE-JAPONESQUE. All Rights Reserved.