logo 世界に翔く和のモード もーど・じゃぽねすく http://www.mode-japonesque.com
もーど・じゃぽねすくホームへ
辻が花染について きもの・帯・ベスト・ジャケット・小物・chisato-mode
contents  
トップページ
四季の彩りを衣裳の色に
かさねの色目と日本の色
古代染色のシンプルな美を追求
古代辻が花染と柿渋染
英雄を彩った華麗な絞り染
辻が花染について
和を今の暮らしに生かす
chisato haru
優美な糸目友禅と胡粉ぼかし
冷泉(れいぜい)工房
京都の工芸作家プロジェクト
京の秀彩苑(京都22工房)
古いきものがシルクニットに
きものリフォーム
魅力的な作品創りに挑戦している
作家さん紹介
e-mail
辻が花染とは
辻が花染の特徴
辻が花染の歴史
辻が花染と時代背景

辻が花染とは


辻が花染は、室町時代後半から桃山時代末にかけて行われたと思われる染色で、絞り染の中に筆で、主に花・鳥などを描いたものです。

短い間にぱっと咲くように流行り、その後、こつ然と消えてしまった幻の染です。



その名称の起源は三説ほどあるものの、まだわかっていません。

@ つつじの花で染めたので、「つつじが花」がなまった。(色彩説)
A 辻(十字の斜格子に花文)から由来した。(文様形態説)
B 奈良の木辻で京の染め職人が染めた。(あるいは奈良の木辻で遊女が始めた。)(地名説)

などがあります。

室町・桃山時代の、小袖や胴服などに見られる縫い絞りを主体とした模様染めを、現代では「辻が花」と称しています。
松皮取り短冊とばし草花
(16世紀)

松皮取に短冊とばし草(16世紀)

十字の斜格子に花文(16世紀)
花菱格子に桐と海草と貝

十字の斜格子に花文(16世紀)花菱格子に桐と海草と貝

藤と草花(15〜16世紀)
藤と草花(15〜16世紀)
千鳥(16世紀)
千鳥(16世紀)
葵(16世紀)
葵(16世紀)

Copyright (C) 2002-2003 MODE-JAPONESQUE. All Rights Reserved.