logo 世界に翔く和のモード もーど・じゃぽねすく http://www.mode-japonesque.com
もーど・じゃぽねすくホームへ
かさねの色目と日本の色 きもの・帯・ベスト・ジャケット・小物・chisato-mode
contents
トップページ
四季の彩りを衣裳の色に
かさねの色目と日本の色
古代染色のシンプルな美を追求
古代辻が花染と柿渋染
英雄を彩った華麗な絞り染
辻が花染について
和を今の暮らしに生かす
chisato haru
優美な糸目友禅と胡粉ぼかし
冷泉(れいぜい)工房
京都の工芸作家プロジェクト
京の秀彩苑(京都22工房)
古いきものがシルクニットに
きものリフォーム
魅力的な作品創りに挑戦している
作家さん紹介
e-mail
代表的な四季のかさね かさねの色目一覧 女房装束
かさねの色目の様式





かさねの色目について
女房装束  

正装

拡大画像はこちら




晴れ(公)の装束

唐衣・裳

表着・打衣・重袿

単・打袴

髪・・・釵子(さいし)
<金属板の髪上げ具>

手・・・袙扇(あこめおうぎ)



朝廷の公事(くじ)節会(せちえ)貴人に接するとき、物詣(ものもうで)など、目立つ所へ出る時の装束。

後に十二単(じゅうにひとえ)と呼ばれる。

唐衣
(からぎぬ)
一番上に着用する、上半身に羽織るくらいの丈の短い上着。

(も)
唐衣の下に、表着(うわぎ)の上から腰につけて後ろに長く引く。

表着
(うわぎ)
(うちき)の最上に着るもので、織物などを用いて袿よりやや小振りに仕立てて重ねを見せる。この上に唐衣(からぎぬ)をつける。
打衣
(うちぎぬ) 
(うちぎ)

表着(うわぎ)の下に着る衣。
重袿
(かさねうちき)

(うちき)
五ツ衣・五衣
(いつつぎぬ)
(ひとえ)と表着(うわぎ)の間につけた、内衣(うちぎ)の意をもつもので、数枚重ねて襟(えり) や袖口、裾(すそ)の配色の妙を競った。次第に五領重ねるのが定着して五ツ衣(いつつぎぬ)といわれるようになりました。


(ひとえ)
単衣
(ひとえ)
五ツ衣(いつつぎぬ)の下に着る裏地のつかない衣で、肌着として用いる。女子の場合、上に重ねる衣裳より裄(ゆき)も丈も大きく仕立てて、袖口をのぞかせ、また袴の上に引きます。
打袴
(うちはかま)

(はかま)
女房装束のときまず着用する袴。(後世には小袖の上)
 


※打衣(うちぎぬ)・打袴(うちはかま)の「打」


「打」は、(きぬた)で打って光沢を出したことからつけられたもの。後世では「板引(いたびき)」といって漆塗(うるしぬり)の板に、糊(のり)をつけて絹・綾の類を貼(は)り、よく干(ほ)して引きはがし光沢を出しましたが、名称はもとのままで呼ぶことがあります。「板引」で光沢を出した打袴は張袴(はりばかま)とも呼ばれています。

※砧・・・布を打ち、やわらかくするのにつかう木や石の台、槌。


Copyright (C) 2002-2003 MODE-JAPONESQUE. All Rights Reserved.