logo 世界に翔く和のモード もーど・じゃぽねすく http://www.mode-japonesque.com
もーど・じゃぽねすくホームへ
かさねの色目と日本の色 きもの・帯・ベスト・ジャケット・小物・chisato-mode
contents
トップページ
四季の彩りを衣裳の色に
かさねの色目と日本の色
古代染色のシンプルな美を追求
古代辻が花染と柿渋染
英雄を彩った華麗な絞り染
辻が花染について
和を今の暮らしに生かす
chisato haru
優美な糸目友禅と胡粉ぼかし
冷泉(れいぜい)工房
京都の工芸作家プロジェクト
京の秀彩苑(京都22工房)
古いきものがシルクニットに
きものリフォーム
魅力的な作品創りに挑戦している
作家さん紹介
e-mail
代表的な四季のかさね かさねの色目一覧 女房装束
かさねの色目の様式





かさねの色目について
かさねの色目の様式
様 式
解 説
(におい)
〜のにおい、〜におい

紅梅(こうばい)(の)匂
山吹(やまぶき)(の)匂
紅(くれない)(の)匂
蘇芳(すおうの)
萌黄(もえぎの)
紫(むらさきの)
かさねの「匂」は @「濃い色と淡い色を対比させる」場合と A「同色の濃淡で暈繝(うんげん・・・ぼかし)のようにあらわす」場合があります。配色上、一般に下から上へだんだん色を濃くすること。 「匂い」は、本来色が映え、美しく好ましくすぐれていることを意味し、華やかさ、香り、光までを含んで気高いことを表現しています。また、色彩上での「匂」とは、本来、丹秀(にほ)、即ち、丹や紅に色づくことをいいますが、後には紫、黄、白にも云うようになりました。
薄様(うすよう)
〜のうすよう、〜うすよう

紅(くれないの)薄様
紫(むらさきの)薄様
白(しろ)薄様

「匂」に近い言葉で、上から順に薄くしていくことをいいます。
また、透けるような白を上に重ねて、下の濃い色を淡く見せることにも用います。他に、「匂」の形式の一種で、表に対して、裏が白、或いは、表の色に対してその淡色の配合をいうと説明している解説書もあります。「薄様」とは普通、消息用の薄様紙のこと。
裾濃(すそご) 同系色でかさねを構成し、上は薄く、下に近づくほど濃くするもの。
下濃(すそご)とも書きます。
村濃(むらご)

紫村濃(むらさきむらご)
斑濃、叢濃とも書き、同色にところどころ濃い色や薄い色を混ぜるもの。
於女里(おめり) 「ふき」の古称。衣を袷仕立てにしたときに、袖口や裾の裏地を表に折り返して縁のように見せるもの。「退(おめり)」と書かれた解説書もあります。


かさね(襲・重ね)の色目についてはいろいろな説があります。

@ 一枚のあわせ仕立(袷仕立)の衣(袿<うちき>)の裏表の裂(きれ)を合わせた色。
A 後に、その衣を幾領も着装して表される衣色の配合色。
などがあり、@を「重」、Aを「襲」と使い分けて使用している人もいます。

一般的に「表」は表の布、「裏」は裏の布で、表・裏を重ねて生まれる色合いが「かさね」の色目と考えられていますので、ここでは@を中心に紹介しています。

参考文献  かさねの色目(長崎盛輝著)
色の彩時記(朝日新聞社編)
日本の傳統色(長崎盛輝著)
日本の色辞典(吉岡幸雄著)他
Copyright (C) 2002-2003 MODE-JAPONESQUE. All Rights Reserved.