logo 世界に翔く和のモード もーど・じゃぽねすく http://www.mode-japonesque.com
もーど・じゃぽねすくホームへ
かさねの色目と日本の色 きもの・帯・ベスト・ジャケット・小物・chisato-mode
contents
トップページ
四季の彩りを衣裳の色に
かさねの色目と日本の色
古代染色のシンプルな美を追求
古代辻が花染と柿渋染
英雄を彩った華麗な絞り染
辻が花染について
和を今の暮らしに生かす
chisato-haru
優美な糸目友禅と胡粉ぼかし
冷泉(れいぜい)工房
京都の工芸作家プロジェクト
京の秀彩苑(京都22工房)
古いきものがシルクニットに
きものリフォーム
魅力的な作品創りに挑戦している
作家さん紹介
e-mail
代表的な四季のかさね かさねの色目一覧 女房装束
かさねの色目の様式






鴨頭草(露草)

鴨頭草(つきくさ)(露草)の花の青い色をあらわしたもの

表・・・(はなだ)
裏・・・(はなだ)
縹(花田) ふかい青
着用時期 四季通用

他に鴨頭草という色目もみられます

鴨頭草(月草)(つきくさ)
表・・・ (別説) 表・・・
裏・・・淡縹
(うすはなだ)
裏・・・
着用時期 秋


野原や道端に自生する鴨頭草の花色をあらわした色目です。

「花田」あるいは「花色(はないろ)とも呼ばれ、その名の「花」は鴨頭草(つきくさ)の花を指します。

「縹」の名は花の青汁で摺染(すりぞめ)をしたことに由来しています。

夏に花を採集して汁をしぼり、紙に浸ませて保存。染色時に紙の花の色素を水に溶かして、その色を布にうつしました。このことから「移し色」と呼ばれました。

この草は「月草」「露草」「青花」「移し花」「帽子草(ぼうしばな)」とも呼ばれ、色がすぐ褪(あ)せるため、うつろいやすさのたとえとされています。


代表的な冬のかさね
氷 重
鳥ノ子色
枯 野
淡青
代表的な
四季通用のかさね
松 重
葡 萄
蘇芳
萌 黄
萌黄
萌黄
二 藍
二藍
二藍
※モニターに表示される色はあくまで目安として御覧ください。

かさね(襲・重ね)の色目についてはいろいろな説があります。

@ 一枚のあわせ仕立(袷仕立)の衣(袿<うちき>)の裏表の裂(きれ)を合わせた色。
A 後に、その衣を幾領も着装して表される衣色の配合色。
などがあり、@を「重」、Aを「襲」と使い分けて使用している人もいます。

一般的に「表」は表の布、「裏」は裏の布で、表・裏を重ねて生まれる色合いが「かさね」の色目と考えられていますので、ここでは@を中心に紹介しています。

参考文献  かさねの色目(長崎盛輝著)
色の彩時記(朝日新聞社編)
日本の傳統色(長崎盛輝著)
日本の色辞典(吉岡幸雄著)他

このページのトップへ↑
Copyright (C) 2002-2003 MODE-JAPONESQUE. All Rights Reserved.