logo 世界に翔く和のモード もーど・じゃぽねすく http://www.mode-japonesque.com
もーど・じゃぽねすくホームへ
古代辻が花染の再現と柿渋染 きもの・帯・ベスト・ジャケット・小物・chisato-mode
contents  
トップページ
四季の彩りを衣裳の色に
かさねの色目と日本の色
古代染色のシンプルな美を追求
古代辻が花染と柿渋染
英雄を彩った華麗な絞り染
辻が花染について
和を今の暮らしに生かす
chisato haru
優美な糸目友禅と胡粉ぼかし
冷泉(れいぜい)工房
京都の工芸作家プロジェクト
京の秀彩苑(京都22工房)
古いきものがシルクニットに
きものリフォーム
魅力的な作品創りに挑戦している
作家さん紹介
e-mail
古代辻が花染の再現
柿渋染
柿渋について
柿渋染辻が花
作家さん紹介 佐々木宗一さん

柿 渋 染

佐々木宗一さんが辻が花染を始めてから30年、柿渋を染めている人との出会いがあり、これを機に柿渋染の技術を修得。そのシンプルで深みがあり、自然の温かなぬくもりを感じる色合いに魅せられ、作品創りを開始。

どうやって染めるの?

柿渋の原液は渋柿を青いうちにつぶして発酵させたもの。柿渋染は3年以上も熟成されたこの原液に、水を混ぜて90度くらいに熱し、あくをきれいに取って生地を入れ、まんべんなく40分ぐらい染め上げます。


それから水洗いして、天日で乾かし、もう一度染めます。これを2〜3回繰り返します。できた柿渋の色は抜けず、紫外線に当てると色が濃なります。生地は柿渋に保護されて厚みが出ます。自然の染料を使ったものだけに、あたたかなぬくもりを感じさせ、体に気持ちよくなじみます。


おしゃれな柿渋染のきもの 佐々木宗一
雑誌「きものと着つけ」(講談社)
より
柿渋染風景
柿渋染風景

柿渋染辻が花ショール
柿渋染辻が花ショール

柿渋は古くは平安時代末期より、本格的には江戸時代になってから使われたようです。

柿渋染の方法としては
@刷毛(はけ)で染める
A浸(ひた)して染める
Bスプレーで染める
C絞って染める
などがあります。

天日で乾かす時間、素材の種類、媒染剤により、また出来上がってからも、日光など自然にさらす時間が長ければ長いほど色の濃度が増し、赤味を帯びたり、深みが増すため、いろいろな色合いの変化が楽しめます。

染色による生地の硬化、柿渋臭の付着の防止、また、通常ソーダ灰、木酢酸鉄などの媒染材で色々な色を出しますが、佐々木宗一さんは、媒染剤を使わない、独自の染色方法でこれらの問題を解決し、いろいろな色合いを出しています。

Copyright (C) 2002-2003 MODE-JAPONESQUE. All Rights Reserved.